> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 箱根へぶらり。 2日目
FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

箱根へぶらり。 2日目

2013.12.20 (Fri)

2013・11・19




箱根の朝を迎えます。
PB190681.jpg

朝一番には温泉。

そしてお楽しみの朝ご飯♪
朝食会場は昨夜の夜ごはんと同じ場所です。
PB190627.jpg


朝食はバイキング、カウンターにずらりと並ぶ料理達♪
PB190630.jpg

窓からの眺めも抜群。
PB190628.jpg

日当たり良い明るい席とったら・・・
PB190680.jpg

ゴーε=ヾ(*~▽~)ノ
PB190631.jpg

パンや若干の洋食もあります
PB190635.jpg

が、基本和食がメインです。
PB190636.jpg

美味しそうな惣菜から何から何まで。
PB190675.jpg


いただきます!
PB190651.jpg

豊富な野菜、煮物、焼き魚などなど!
PB190656.jpg

鮪の中落ちはとろろやしらすと混ぜたりと。
PB190657.jpg
美味し~~い鮪の中落ち、最終的に、小さい小鉢ながらも8つ完食。
うまいんもん。

ヘルシーにまずはお粥。
PB190658.jpg

温野菜もありました♪
PB190654.jpg

奴も~^^
PB190659.jpg



まだまだ!
PB190652.jpg

食べます~
PB190643.jpg

がっつりと~
PB190645.jpg


揚げだし豆腐も~
PB190642.jpg


その他に最高にうまかったこちら。
実演オムレツ!
PB190638.jpg

できたてほやほやきのこ入りオムレツ。
PB190653.jpg

中トロトロめちゃうまです(*´д`*)
PB190662.jpg

ソーセージやフライ、グラタン風の何か食べ物といった洋食系は正直いまいち。
PB190647.jpg

和風パスタはまずまず。
PB190664.jpg
カレーは明らかなレトルト風。

とにかく和食がうまいんです。

何度も往復、中落ちの為に。
PB190665.jpg

となるとごはんも必要。
PB190666.jpg


あ、うどんもあったの。
PB190637.jpg

そのままもよし。
PB190667.jpg

とろろしすうどんにしてみたり。
PB190668.jpg

最後はカプチーノとフルーツにヨーグルト。
PB190678.jpg

こんなミニケーキもあったのね。
PB190673.jpg

1つずつ味見。
PB190669.jpg

まぁ出来合いな普通なお味。
PB190671.jpg



お腹いっぱいになったら即出発。
PB190688.jpg

駅まで徒歩で。
PB190695.jpg

あ!あの有名な“ちもと”が!
PB190684.jpg

やっていないのかと思いきや、ここは製造のみの販売はしていません。
PB190686.jpg

そのまま駅へ。
PB190689.jpg

可愛いウサギに誘われ・・・
PB190713.jpg

箱根の有名なお土産菓子、昨日食べた月のうさぎ。
PB190714.jpg

駅までの道のりに発見。
PB190712.jpg


ちもと
PB190705.jpg

こちらは販売店です。
箱根に暖簾を掲げて60年余
PB190696.jpg

あらゆる物事が進化を遂げ、“変わらない”ことが難しい現代において、
創業時からの製法を三代にわたって頑なに守り続けている和菓子店です。
PB190697.jpg

国産の食材と手作り業にこだわり、素材の力を大切にした和菓子づくりを目指しています、と。
仕込みはその日に販売する分のみ、売り切れ御免の姿勢は昔から変わらず貫いています。


店頭に並ぶ和菓子。
PB190698.jpg

わらび餅や八里も食べたいのですが・・・
何せまだお腹がいっぱいなんです。。

代表名菓“湯もち”、購入します。
PB190703.jpg

湯もち(190円)☆
PB190706.jpg
神奈川県の指定銘菓。

国産のもち米を使用した白玉粉を練り上げた餅に刻んだ本練羊羹を切り入れ、
早川の岩石を表現した
という風情あふれる一品

PB190732.jpg

今では確保しにくくなったという貴重な竹皮を開き、
口に入れた瞬間柚子が香りがぷわんと♪
PB190734.jpg

中にくるまれた白いおもちはふわっととろけるような柔らかさです。
PB190735.jpg
お餅でもなく求肥でもない・・・
和菓子なのにまさに・・・マシュマローー!!
和菓子ながら新食感♪


ちなみの後日いただいたww他の商品も1種類。
P3080360.jpg


結び文初花
P3080367.jpg


細かく刻んだ信州くるみの入った香ばしい生地で、白餡を包み焼き上げたもの。
P3080370.jpg
こちらも神奈川県の指定銘菓。

香ばしいくるみに上品な白餡がいーかんじ!
P3080372.jpg
月餅のよう?



本格的に観光開始!
PB190716.jpg


箱根湯本駅へ。
PB190718.jpg

この通りに観光。w
PB190720.jpg


箱根登山電車
PB180504_20131214171751e01.jpg
急勾配をジグザグ進む名物の山岳電車
小田原駅~強羅駅間の約15kmを、平均時速約18kmで走る登山電車です。
6~7月の車窓からの風景が特に見事で、
沿線に植えられたアジサイのさくこの時期はアジサイ電車ともいわれています。


途中こんなこと。
スイッチバック
PB190721.jpg
山の斜面をジグザグに上っていく方式で、進行方向が変わる度、運転手と車掌が入れ替わります


彫刻の森美術館へ行くには途中で降りますが、
今回は強羅駅まで。
PB190723.jpg


本当にいい天気♪
PB190722.jpg


そして乗り換えます、こちらに。
PB190724.jpg

ちょっと待ったら到着。
PB190726.jpg


箱根登山ケーブルカー
PB190738.jpg

登山電車とロープウェイを結ぶ名脇役
PB190739.jpg

強羅駅~早雲山駅間の約1.2kmをつなぐケーブルカーです。
PB190743.jpg

約10分かけてゆっくり上っていく間、車窓から望む明星ヶ岳の景色を楽しみます。

PB190740.jpg


そして到着。
PB190744_20131214172233e59.jpg

早雲山へ。
PB190745.jpg

標高が高くなるとやはり寒さも増しますね。
PB190746.jpg

続いて乗り換え!
PB190749.jpg

こちらです。
PB190750.jpg

箱根ロープウェイ
PB190753.jpg

大涌谷や富士山を眺める空中散歩へ。
早雲山駅~桃源台駅(大涌谷で乗り換え)間の総延長約4kmを約24分間で結びます。
PB190752.jpg

2008・2009年度に、年間総乗降者数世界一のロープウェイとしてギネス世界記録に認定されました。

PB190771.jpg

素晴らしい景色。
PB190759.jpg

天気も空気もいいですね。
PB190761.jpg

ロープウェイからは尾根を越えると富士山も登場!
PB190765.jpg

真下に見えるのは温泉工事
PB190763.jpg
噴出する火山ガスを有効利用し、80年以上前から温泉がつくられています
箱根各地に供給されている大涌谷温泉はこの場所が泉源地です。
各地域への送湯管は総延長1万4500mとか。



着きました。
大涌谷
PB190773.jpg
約3000年前の箱根火山噴火でできた爆発口から、
今も白煙と硫黄臭が立ち込めるパワースポット


白い煙がモクモクと上がり、荒涼とした大地が広がる神山の火口跡です。
PB190774.jpg
2013年4月に大涌谷駅舎がリニューアルしました。


晴れた本日は富士山がもうバッチリ見える!
PB190775.jpg

こんなに美しい富士山を見たのも初めてに近いくらいに美しい。。
PB190785.jpg

でもでも私はこっち・・・
PB190781.jpg


上の本家wで行きましょう。
PB190782.jpg

噴煙地の閻魔台周辺へと、片道約300mの遊歩道を歩きます。
PB190788.jpg

地獄谷と呼ばれた荒涼とした風景。
冠ヶ岳が目の前にそびえ立つ閻魔台は、噴煙地に 最も近づけるビュースポットです。

PB190786.jpg

到達。
PB190789.jpg

約80ヶ所からモクモクと噴き出す蒸気は圧巻ですな。
地中から湧く白く濁った温泉池もあります。
PB190790.jpg


観光も富士山もいいんだけどね。
PB190792.jpg


私のここでの目当てはこれなんだもん。
PB190783.jpg

噴煙地では大涌谷名物の黒たまご!
玉子茶屋
PB190795.jpg

下にはたくさんお店がありましたが、全てここで作っています。
PB190818.jpg

本日の黄身具合。
PB190827.jpg


購入したら店頭前のテーブルで立食い。
PB190815.jpg

黒たまご 5ヶ(500円)☆
PB190798.jpg

硫黄泉で作るたまご。
PB190791.jpg

約80度の硫黄泉で60分茹でた玉子は鉄分が付着して真っ黒に。
PB190805.jpg

茹でたあと蒸気で15分蒸し完成。
PB190793.jpg

5個単位でしか販売していません。
袋に一緒に入ったお塩で食べます。
PB190800.jpg

黒い皮をむくとつるりと白いゆで卵。
PB190803.jpg

固茹でのなんとも普通なゆで卵です。
PB190811.jpg

しかしそんな玉子、
延命地蔵尊にあやかり、1個食べると7年寿命が延びるという伝説があります!
PB190784.jpg

実際ワタクシの寿命が延びたのか変わらないのかは・・・
PB190794.jpg
誰にもわからない。。

ちなみにここで作られた玉子は、
玉子専用ロープウェイで、どんぶらこどんぶらこと下まで運ばれます。
PB190820.jpg

閉店時間は・・・
PB190821.jpg
玉子次第~


富士山眺めながら下まで戻ります。
PB190819.jpg


色んなお菓子を物色。
PB190825.jpg PB190826.jpg


何も買わずにw駅へ。
PB190832.jpg

トイレのポスターにはわろた。
PB190828.jpg


更に乗り継ぎます。
PB190835.jpg

ロープウェイで。
PB190833.jpg

天気が良いと、どの眺めもいいもんです。
PB190839.jpg


姥子駅へ近づくと左正面には芦ノ湖が見えてきます。
PB190840.jpg

光で輝く芦ノ湖めざし。
PB190852.jpg


到着。
PB190853_20131214180051fc1.jpg

更に更に乗り換えますよ。
本当に色んな乗り物乗るなぁ今日は。。


ここでも土産物屋を物色。
「鈴廣」だのなんだの蒲鉾をひたすら食べーの。
PB190857.jpg

びびんときたこちらを購入。
PB190861.jpg

ここで購入し、ずっと持ち歩いていたというのに
なんと、帰りの駅近くで50円も安く売っていたことにダブル打撃ww

でもおいしそーでしょ。
PB190863.jpg

翌朝の朝飯で食べましたー♪
R0010896.jpg

真っ黒!
R0010894.jpg

牛筋うどんも良かったけど・・・
R0010895.jpg

やっぱ丼ーー!
R0010898.jpg

うんまかったです。。。
R0010899.jpg
残りは生卵もプラスして・・・

さて、今度の乗り物は船です!!
PB190856.jpg

しかも名前が・・・

箱根海賊船
PB190868.jpg

大型船に乗って芦ノ湖を横断する観光クルーズ
PB190870.jpg

17~18世紀に活躍した帆船型戦艦がモデルの観光船です。

到着地点は“箱根町港”と“元箱根港”

当初予定だった“元箱根港”へは、波が荒いとのこと“箱根町港”行きしか運航していません。
PB190869.jpg

全然いい天気なんだけど。
PB190871.jpg
まぁ仕方ない。

チケット購入。
PB190866.jpg


デザインの異なる3隻の船が航行していて、
北側の桃源台港と南側の箱根町港、元箱根港を結び、約30~40分で航行します。
PB190872.jpg

2013年3月には、豪華絢爛な新型船“ロワイヤルⅡ”が登場したみたい。

“バーサ”もありますが、私達が乗るはこの“ビクトリー”、2007年3月デビューの5代目海賊船です。
PB190873.jpg

18世紀に生まれ、数々の歴史的な海戦で活躍したイギリスの戦艦“ビクトリー”がモデルです。

PB190875.jpg

船の中でアメリカ人夫婦と仲良くなったりし、ちょっとキンチョー。謎

出発~♪
PB190879.jpg

いい眺め。
PB190880.jpg

なハズですが。
PB190883.jpg

あまりの寒さに2分で室内。

着けばいーんです。
PB190884.jpg

30分の航海にて、箱根町港へ到着。
PB190887.jpg

標高・・・
PB190886.jpg
言われてもよくわからん。

海賊船と富士山のすばらし2ショット。
PB190889.jpg


まず目に留まるのが
箱根駅伝ミュージアム
PB190891.jpg
箱根駅伝の往路ゴール・復路スタート地点に立つミュージアムです。

特に寄らず、元箱根まで歩きます。
PB190892.jpg

おっと土産物屋。
PB190895.jpg

物色物色・・・汗
PB190896.jpg PB190897.jpg


箱根関所
PB190899.jpg

かつて東海道の要衝として重要な役割を担った箱根の関所を、
江戸末期に行われた修理の資料に基づいて2007年に復元しました。

PB190900.jpg

通り抜けようかと・・・
PB190901.jpg
料金かかるのでやめw


・・・も寄り道せずに元箱根へ行きましょう。
PB190894.jpg


紅葉も出てきてますね^^
PB190904.jpg

ちょうど3年前に行った箱根旅とまさに同じルート!
PB190905.jpg

こちら。
          ↓↓↓↓↓
    箱根へちょいといきなり~2010・11・6

江戸の旅人に思いを馴せ、ウォーキング~♪
PB190907.jpg

箱根旧街道杉並木
PB190914.jpg
箱根旧街道は三島から小田原に至る全長約32kmの道

その中でも特に江戸時代の旅情を味わえるのが、
この箱根旧街道杉並木の約700mの道のりです。
PB190909.jpg

元箱根から箱根恩賜公園前までの国道1号に沿うように、
老人杉に囲まれた旧街道
が走っています。
PB190908.jpg

道中には、夏は木陰をつくり、冬は風雨や雪から旅人を守るために植えられた
樹齢約370年の杉の並木がたち並んでいます

PB190911.jpg

杉並を越えて、見えてきたのが富士山。
PB190916.jpg

そして関東一のパワースポット“箱根神社”。
PB190922.jpg

・・・・には行きません。
前回行ったから。
PB190921.jpg
・・・というのは言い訳で軟弱ものはもう疲れたの。。


美しき紅葉。
PB190920_2013121523233568a.jpg

美しき芦ノ湖。
PB190923.jpg

お腹が空いたのでこの辺で遅めランチを済ませて帰宅します。
PB190918.jpg

あ、前回行った「絹引の里」。
PB190924.jpg

またまた同じくお蕎麦のつもりで店を探しますが、
オサレなカフェで軽くパンでもいいかな。
・・・なんて、前にはなかった!!!
Bakery & Table 箱根へ☆
PB191024.jpg


「ベーカリーアンドテーブル箱根」は、芦ノ湖湖畔元箱根港すぐにあるお店。
PB191027.jpg

2013年7月13日にオープンした、その名の通りベーカリー&カフェ。
PB190932.jpg

前回行ったうどん屋さんの向かいです。

1階がベーカリーショップ、
2階がカフェ、3階がオープンキッチンレストラン
となっています。
PB191020.jpg

1階のベーカリーショップ。
PB190931.jpg

味わい豊かな素材をふんだんに使った上質な美味しそうなパンがずらり並びます

PB190949.jpg

こちらで購入したパンは、2階のカフェで食べられます。
PB190930.jpg
そうしましょうそうしましょう♪


・・・・ていってもパンのセレクト悩む~~。
PB190947.jpg

この寒さではさすがに誰もいませんが・・・
PB191025.jpg

芦ノ湖望むテラス席もいいですね^^
PB191019.jpg

この時期は閉まって・・・るのかな?。
PB191026.jpg


そして挙動不審なくらいに店内うろうろしてやっとこちらを購入。
PB191013.jpg


コンフィチュールなど、お土産ものもありました。
PB190928.jpg

2階のカフェへ持ってきます。
PB190948.jpg


2階のカフェは大きな窓から明るい光が差し込みます。
PB190953.jpg

ゆったりのんびりした空間です。
PB190956.jpg

なんてオサレなバーカリ~
PB190957.jpg

そんな窓からは芦ノ湖を望む景色が。。。
PB191003.jpg


まずは手前のカウンターにてドリンクを。
PB190958.jpg

メニュ~
PB190954.jpg

バリスタのつくる本格コーヒーやオーガニックティーなど。
PB190959.jpg

あぁ・・・こんなのもあったのね。
PB190961.jpg
たべたい。。


ビールやワインが私を呼んでいましたが、
ここは我慢、ドリンクはこの2つ。
PB190994.jpg

カプチーノ(580円)☆
PB190995.jpg

アイスコーヒー(480円)☆
PB190996.jpg
美味しいコーヒー♪

中央にはパン切り包丁とまな板、トースターが置いてあり、
自由に使えます。
PB190960.jpg


いざパンを♪
PB190965.jpg

お借りします。
PB190984.jpg


箱根山麓山賊カレーパン(250円)☆
PB190970.jpg
鹿肉と山菜、茸のちょっぴり辛口カレーを竹炭の生地で包んで揚げました。と。

目を引く竹炭の真っ黒なパン!
PB190988.jpg

中には山菜、きのこにじゃが芋がごろり入ったカレーパン( ´∀`)
PB190989.jpg
辛口カレーがいいですね!
焼きカレーパンかしら、クドくなくっておいしー♪

生地周りについたフレークの食感もいい感じ。
PB190980.jpg

ちなみに人気の米粉のカレードーナツは260円で大きさ3倍!
そちらは中には手間暇かけた卵が丸ごと1個入っていて、カレーもパンも自慢とのこと。
んー悔しいけどこの山賊カレーパンのがきっとうまかったからいー!w


かぼちゃのクロックムッシュ(200円)☆
PB190975.jpg

ペシャメルソースの上にホクホクのかぼちゃ、チーズを乗せカリッと焼き上げました
と。
PB190979.jpg


ふわっとパンに、かぼちゃや玉ねぎの甘さとペシャメルソースにチーズの塩味がいーかんじ♪
PB190997.jpg

うまーい。
PB190998.jpg



男爵のじゃがバター(220円)☆
PB190973.jpg

ホクホクとした食感が楽しめる男爵芋を包み込んでバターを乗せました
と。
PB190983.jpg

うま!ごろっとじゃが芋!!
PB191000.jpg
バターで濃厚さアップ( ´艸`)


くるみのパイ(180円)☆
PB190971.jpg
たっぷりのくるみとハチミツ、アーモンドクリームを包み込んだ香ばしいパイ
と。

ずっしぎっしりくるみたっぷり、さくっさくの美味しいお菓子パンー!!
PB191001.jpg



蜂蜜と生姜のリュスティック(220円)☆
PB190967.jpg

もっちりとした生地に生姜の香りを効かせ、蜂蜜の甘さがアクセントになっています
と。
PB190969.jpg

もっちりとしいうより、ワタクシの好きなハード系に近い生地♪
PB191008.jpg
蜂蜜の優しい甘さに生姜が効いていてさいこーです。



あぁ・・・
(名前失念・・・汗)
PB190972.jpg
スライスいちじくの乗った菓子パン。

しっとりしたケーキのようなパン生地に、
甘酸っぱいジャムと果肉がとっても美味しいパンだったのは覚えています。
PB190999.jpg


ぶどう食パン ハーフ(280円)☆
PB191005.jpg

北海道産小麦を使ったパン生地の中にサルタナレーズン、グリーンレーズン、
サンメイドレーズンを惜しみなく入れています
と。
PB191007.jpg

ふわっとした食パンにぎっしりレーズン(*´д`*)
PB191010.jpg
どこを切ってもレーズンレーズン、うまー!!

これのみ半分テイクアウト。
結構お腹いっぱいになってしまったので、
残念ながらあの美味しそうなケーキはいただきませんでした。。


目の前に広がる芦ノ湖!
PB191028.jpg

神奈川県足柄下郡箱根町にある、箱根山の堰止湖です。
PB191030.jpg


やはり箱根神社に行こうとしたものの、・・・やはりやめ。
お腹も膨れて満足した私達はそろそろ帰宅いたします(笑)

箱根湯本まで超混雑な“箱根登山バス”を利用。
PB191031.jpg

このバスの運行状況には不安ばかりwww
PB191033.jpg


1865年創業の老舗「鈴廣」のかまぼこのテーマパーク超行きたい!
PB191035.jpg



小田原駅へ到着。
PB191069.jpg

結構発展した街そうですね、まぁ小田原ですから。
PB191038.jpg

電車の時間までまだ余裕があるので近くを散策いたします。
PB191043.jpg



みのや吉兵衛
PB191044.jpg

小田原駅東口より続く、錦通りにあるお店。
PB191063.jpg
小田原名物“糀入いかの塩から”の元祖として愛されてきた、
450年余の歴史をもつ「小田原 みのや吉兵衛」。
2階には塩辛伝統館もございます。


蒲鉾、塩辛、わさび漬、梅干しなど自慢の商品を販売。
PB191046.jpg

店内入ると・・・
こんなご試食セットがでてきました!!!!!
PB191047.jpg


おーどぶる、かまぼこ、巻物セット!!に、お茶!!!!
PB191050.jpg

丁寧に説明書きの紙も置かれています。
PB191053.jpg


せっかくですし、塩辛の試食も・・・ww
PB191061.jpg

申し訳ないので何か・・・
PB191057.jpg


大好きなわさび漬け、1つだけ購入。
PB191058.jpg

お家でさっそく食べましたよ♪
PB201155.jpg

つーんと美味しいわさび漬け。
PB201156.jpg

やっぱりカマボコと合わせるわさび漬け。
PB201157.jpg

あーおいし、焼酎がすすんでしまいますな。
PB201158.jpg

そろそろ駅へ。
PB191065.jpg


あ、籠清。
PB191067.jpg


こうして駅へ。
PB191068.jpg


また行きと同じく、のんびり東京へ戻りましょう。


でもって
お次へ~ε=┌( ・∀・)┘

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      どいちゃん茶屋

スポンサーサイト



15:08  |   ・国内  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/1620-da6b5c9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |