> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 エネコ 東京 @西麻布
FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

エネコ 東京 @西麻布

2019.09.02 (Mon)

2019・8・9




今日は西麻布~。

ENEKO Tokyoへ2名☆
P8090462.jpg


西麻布の住宅地、大横丁坂にあるお店。
P8090461_20190828110749075.jpg

2017年9月7日にオープンした、
2013年に美食の街道スペイン・バスクのビルバオでミシュラン3つ星を獲得した
エネコ・アチャ・アスルメンディ氏によるバスク料理のいただけるスペインガストロノミー
です。
P8302698.jpg

こちらはロンドンに次ぐ海外進出2号店、
スペインで最も若い3つ星シェフによるビルバオの「アスルメンディ ガストロノミコ」、行ってみたい。
P8302696.jpg
金土曜除いて昼のみの営業なんですと。夜でも昼でも行けないけど。

ここ、2016年までは、水回り製品を扱うルベインのショールームやギャラリーがありました。

手前がカフェ&バー使い。
P8090463.jpg

ここもいいな。
P8090465_20190830113252499.jpg


中央に開かれたエントランスを進むと、建物中央には吹き抜けのパティオ。
P8090464.jpg


広ーい敷地。
P8090478.jpg

こちらの建物は、世界的建築家・内田繁氏の作品をリノベーションしたものだそうです。
P8090480.jpg


ピクニックをしてからコース料理をいただけるのです!

左手2階がダイニングスペースで・・・・
地下は結婚式など?挙げるスペースだそうで。
P8090479.jpg

まずは右手のこちらで待機。グリーンハウスとやらだそう。
P8090466_20190828111214f44.jpg

どのコースにしても、グリーンハウスとピクニックは付きます^^

中央には様々なハーブ。
P8090481.jpg

奥の壁には、本番バスクの映像など。
P8090475.jpg

冊子読んでお勉強。
P8090477_20190828111334ed8.jpg

こちらでウェルカムドリンクいただきます♪
P8090471.jpg

白ワインかノンアル。
もちろんワイン!
P8090486.jpg


グラス白ワイン
P8090487_20190828111116d73.jpg
“チャコリ”という、微発泡性の白ワイン。
アルコール度数は10%前後で軽くて爽やか!


ここでスタッフさんのご説明聞きながら、味の発見ツアーをしてくださいます。

一ヶ所目。
P8090469_201908281116525e3.jpg

様々なスパイスが並んでます!
P8090483.jpg

液体注ぐと・・・・
P8090488.jpg

もくもく!ドライアイスかな。
P8090490.jpg

これ食べれるの?
P8090493.jpg

ボート型した、乾燥したパセリ。
P8090494_20190828111823e33.jpg

そこに海藻のソースを。
P8090495.jpg
一口でパクリと。パリパリ!海藻の良い香り♪


なんだろこれは。
P8090484.jpg


二ヶ所目。
P8090496.jpg

あれはクッキー!?
P8090499_201908281120339fa.jpg
ピキージョという唐辛子のようなパプリカのメレンゲです。

そこにパプリカのジェラートを絞り!
P8090500.jpg

一口でパクリと。
P8090501_201908281120340f0.jpg

ピリッとするようなしないような、とにかく美味しい!



三ヶ所目。
P8090502_2019082811221230e.jpg

用意されたグラス。
P8090503.jpg

ここに北海道の羊のミルクを注ぎます。
P8090505.jpg

数秒待つと・・・・・かたまった!
P8090507_20190828112217c72.jpg

“クアハーダ”というスペインのデザートで、チーズ製品の一種。

あらかじめ器に凝固剤となるレンネットが塗ってあり、成分が反応して固まるんだそう。
P8090508_201908281122208f1.jpg

優しい味の甘くないプリンだー♪
タイムやディルのハーブの良い香り!!


さてさて、グリーンハウスを後に、次のエリアへ。
P8090512.jpg

2階へ行き。
P8090511.jpg

どこいくんだ。
P8090513.jpg

ダイニングスペースへ行く前に・・・・・ピクニック♪♪
P8090533_201908281135148bb.jpg

たーのしー!なんてエンターテイメント性溢れる。
P8090520.jpg
ディズニーきたみたい。謎


ランチボックス的なバスケットを開けると・・・
P8090519_201908281133577cf.jpg

わふー♪
P8090523_201908281134000a0.jpg
フィンガーフードが並んでまいす。


鰻のブリオッシュ
P8090526.jpg
ブリオッシュ生地のパンにに鰻のタルタル。


ビーツのタルタル
P8090527_20190828113641005.jpg

ビーツのタルタルの下には乳化した山葵。
ナスタチウムという金蓮花の葉っぱが乗ってます。
P8090530_201908281136430f1.jpg
いい味!


カイピリーニャ
P8090525.jpg
ブラジルのお酒ですが、替わりにアルコールを抜いたチャコリが使われています。
パッションフルーツを+してカカオバターでコーティング!
はじける!


チャコリドリンク
P8090522_2019082811363852f.jpg
アルコール抜いたチャコリに、海藻、ハーブ、ライムジュースで作った飲み物。
なんって身体によさそうな!青汁!!


そしてダイニングへ向かいます。
P8090515.jpg


こちらではガストロノミーの世界へ!!
P8090537.jpg

並ぶテーブル。
P8090541_2019083011340912c.jpg


窓を正面に。
P8090539_2019083011340983f.jpg


ドリンクメニュ~
P8090552.jpg P8090545_201908301214112d8.jpg

P8090546_20190830121412be3.jpg P8090548_201908301214149a6.jpg

P8090549.jpg P8090550_20190830121416822.jpg


ワインを!
P8090536_2019083011340654e.jpg


グラスで飲める泡はカヴァとシャンパン各1種。

やっぱりここはカヴァ!でも2種しかかいからどっちも!笑

グラスカヴァ(1200円)☆
P8090559_2019082811464731e.jpg
エスペルト カバ・エスクトゥリト・ブリュット・ナチュレ・レゼルバ
メニューのグラスカヴァは、“コドーニュ グランバックと”ありましたが、違うな。


グランドシャンパン(1500円)☆
P8090554_20190828114644f81.jpg
ラ ベル エクストラ ブリュット



ディナーは9,500円、13,000円、20,000円(税別)とあり、
"BIDEA 9500円のコース”で!
P8090538.jpg


~BIDEAメニュー~
P8090543_201908301134121bd.jpg


そして追加料金でいただけるメニューは
・有機卵とトリュフ (+1500円)
・ホセリト[生ハム] (+2500円)
・チーズの盛り合わせ (+1500円)


ここの名物!トリュフ風味の卵はいかねば!!
お願いいたします。


時間あまりないのでさくさくっとGO!

パン
P8090565.jpg

2種類のパン。
P8090567.jpg
どちらもしっかり美味しいパン!!

こちらで。
P8090566.jpg
めちゃくちゃ香り良いオリーブオイルです。たっぷりつけちゃう。



そしてさっそく!名物料理!
スプーンに乗せた新鮮な卵黄。
P8090571.jpg

そこから少ーし卵液を抜きとります。
P8090575.jpg

そしてそこにトリュフの香りを抽出した液体を注入!!
P8090580.jpg


完成!!
有機卵とトリュフ(+1500円)☆
P8090581.jpg

一口でいただきます。
P8090586.jpg
温かめな卵が弾けると、口いっぱい広がるトリュフの香り!!ん~たまらん。。
しかしたっかい一口だ。笑


前菜 1
P8090588.jpg

小海老に野菜のジュレ、そしてエマルジョンソース、海藻のピクルス、りんごピクルスが。
P8090590_20190828154216e9e.jpg

ここにトマトのグラニテを乗っけて。
P8090592.jpg

ん~さっぱりおいしい!
P8090596.jpg


グラス白ワイン(1200円)☆
P8090619.jpg
マル・デ・フラデス



なんか箱が来た、食材や香辛料の入った。
P8090610.jpg

次の前菜ね!

前菜 2
P8090604.jpg
バカラオのフリット

ここにちょんちょんと・・・・完成!
P8090616.jpg

スペイン料理といえばまっ先に思い浮かべる食材バカラオ、鱈の塩漬け!!
P8090610.jpg

サルサ、ビスカイヤソース。
P8090607.jpg

サクッとした衣に、身厚な鱈♪
P8090624.jpg

さっきの前菜と同じな、オシャレなお皿。
P8090617.jpg


メインは
・マグロ キノコ 卵の天ぷら
・フォアグラ チェリー ベリー
・牛フィレ ニョッキ トマト(+1000円)
から選びます。

1人+1000円で2種をハーフ&ハーフにできるとのこと!
マグロとフォアグラを半々に♪

マグロ
P8090625_2019083011473641c.jpg

マグロ並ぶここに・・・・エリンギのエスプーマを!
P8090628_2019083011473818f.jpg

マグロの下にはパスタのようなエリンギが!
P8090644.jpg

横には卵黄の天ぷら。濃厚~^^
P8090632_2019083011474069a.jpg

マグロも美味。
P8090645.jpg



まぐろのタルタル
P8090640.jpg

大葉で巻いたマグロのたるたる。
P8090643.jpg
こちらも横に付いたエリンギソースで。


グラス赤ワイン(1500円)☆
P8090656_20190830115915215.jpg
ジャンレオン ヴィーニャ・パラウ・メルロ

グラスは“ヴィーニャ・ル・アーヴル・カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァ”でしたが、今はこっちなんだそう^^
カタルーニャのワイン!



お代わりいかがですか?と。いえっす!お代わり!
パン
P8090646_20190830114920471.jpg



フォアグラ
P8090660.jpg

フォアっ♪
P8090658.jpg

手取川!!・・・はて、これをどうしたんだっけな。笑
P8090663.jpg

チェリーとベリーのソースで^^
P8090667.jpg

ん~~~たまらん濃厚~
P8090671.jpg

丸ごとチェリーも^^
P8090666.jpg



グラス赤ワイン(1600円)☆
P8090653.jpg
ファウスティーノ 1世 グラン・リゼルバ
リオハのワイン!


どうですか?と。うん、もらっちゃう!!
チーズの盛り合わせ(+1500円)☆
P8090681.jpg

ブルー
P8090684.jpg

シェーブル(と言ってた気がする)
P8090683.jpg

ハードタイプ(テキトー)
P8090685.jpg
の盛り合せ。

かりっとパンと共に^^
P8090686_201908301252478e6.jpg

ハードタイプ、裏にすると・・・あ!これはマンチェゴチーズっぽい!!
P8090688.jpg
スペインだし、きっと絶対そうだ!

これは何だろ。
P8090689.jpg



ワインすすむ!
グラス赤ワイン(1200円)☆
P8090676.jpg
マルケス・デ・リスカル ティント・レセルバ
リオハのワイン!


デザート
P8090693.jpg

エスプーマ!!
P8090696.jpg

の下には、ひんやりアイスにさくっとクロカンテ!
P8090703.jpg
ローズマリーと蜂蜜の華やかな良い香り!!

このタイプのお皿が好きね。
P8090700.jpg


小菓子
P8090709.jpg

宝石箱やー!!!
P8090712.jpg

可愛ええーー!
P8090713.jpg

映えってやつ?笑
P8090710.jpg

こっちにもあった。
P8090715.jpg


これら1つずつ盛って完成。
P8090719.jpg


これとね
珈琲
P8090717.jpg


串に刺さったホワイトチョコのボンボン。
P8090721.jpg

パリッとはじけて、バジルとヨーグルトのロリポップ^^
P8090726.jpg


フランボワーズのマカロン
P8090725.jpg

ミントの味する!
P8090728.jpg


葉っぱ型のチョコ
P8090724.jpg
抹茶の味する!


バラのゼリー。
P8090722.jpg


コーヒー香るマシュマロのお菓子。
P8090723.jpg


ご馳走さま(o^_^o)


そして2次会・・・・3次会は中華とまさかの食べ続けな酔っ払い。。。。

スポンサーサイト



12:02  |  ● 六本木・麻布・赤坂 らへん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/2985-6bdbe2b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |