> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 山の茶屋 @赤坂見附
FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

山の茶屋 @赤坂見附

2020.01.08 (Wed)

2019・12・7




今日は鰻~。

念願だった
山の茶屋へ2名☆
PC078466.jpg

「やまのちゃや」は 溜池山王駅徒歩5分くらい、赤坂見附、国会議事堂、永田町からも歩ける、
日枝神社の境内にあり北側の外周道路に面してあるお店。
PC078465.jpg

寛永2年の創業の、完全予約制の鰻懐石のお店です。
PC078471.jpg
寛永2年っていつだ。
江戸初期から続くうなぎの老舗・麻布大和田が場所を移して開店し、現在に至っているんだそう。


神社の繁みの中にひっそりと・・・自然に溢れる入口。
PC078469.jpg
なんとも都会とは思えぬ雰囲気。。

とうふ屋うかいを思い出す。
奥へすすんで階段上ります・・・・
PC078473.jpg

ここも昼間の方がよく見えていいかな。

すると風格と趣漂う母屋!
PC078477.jpg

これまたなんとも風情ある佇まい。
PC078484.jpg

建物の最も古い部分は大正11年の建造だそうです。
PC078481.jpg

非日常へと~
PC078482.jpg

くつを脱いで。
PC078669.jpg

全4部屋あり全て個室、昼夜それぞれ4組ずつのみです。
PC078584.jpg

しかし予約は比較的あっさり取れます。笑
夏は難しいみたいですがね。
でも冬のほうが脂乗っててうまいし、このチャンス、逃さずにはいられない。

正面のお部屋へ~。
PC078487.jpg


畳敷きの座敷。
PC078488.jpg
赤坂 重箱つきじ治作を思い出す。

テーブル個室や掘りごたつ個室もあるみたいですよ。

そしてなんと静かな。(笑)
PC078492.jpg

声のでかい私、緊張です。
PC078490.jpg

呼び出しはこのボタンで。
PC078560.jpg

お着物来た仲居さんがサービスしてくださいます。
PC078491.jpg

トイレも・・・古!!笑
PC078586.jpg


夜のコースは
・web限定コース 15,730円
・うなぎ懐石コース 21,054円
 税・サ込

がありましてweb限定コースの方が良さげな内容。

それにう巻きを追加した18,150円のコースで!
(15,000円に奉仕料10%の税金10%の割当てでした)
PC078489.jpg
WEB予約とはいっても、電話でもそのコースも注文可能。

追加は事前予約のみです。

飲み物のメニューはありません。
お酒はビール、焼酎、日本酒くらいかな。

ビール(1000円)☆
PC078496.jpg
記載+奉仕料10%+税10%

お連れさんは飲めない為ウーロン茶(300円)。

私も若干二日酔いなのでちびちび・・・笑

さてさて^^
PC078510.jpg


骨せんべい
PC078498.jpg

かりっかり♪
PC078499.jpg

何故か食べれないお連れさんの分もいただき。
PC078511.jpg



胡麻豆腐
PC078501.jpg

美しいね。
PC078504.jpg

ん~美味しい~爽やかな舌触り。
PC078512.jpg


肝焼き
PC078514.jpg
1人2本の立派な肝串。

何故か食べれないお連れさんの分も・・・
PC078519.jpg

らっきー4本いただき。(笑)
PC078518.jpg

うっま!!この肝串!!!
PC078522.jpg

生の肝を串に刺し、焼き終わりにタレを2度づけしているこちら。
PC078526.jpg

嫌味になるクセは無く、上品な肝の味、食感・・・・最強に美味しい・・・
PC078525.jpg

なんって脂が乗って、なんっておいしい。。。
PC078527.jpg

これ山椒。
PC078523.jpg

使います。
PC078524.jpg


酒飲みたいねー

(1000円)☆
PC078546.jpg


くりからの白焼き
PC078532.jpg

白焼き串!この厚さ!
PC078539.jpg

蛇のようにきれいな。
PC078538.jpg

1口たべると・・・ふっくらほろっと崩れ落ちる・・・・・
PC078543.jpg

塩はお好みで。
PC078535.jpg

酒ススムねー


別途注文しといたこちら!
PC078549.jpg

お重を開ける前のこの緊張感。。
PC078550.jpg
中はうまきだけどねー

うまき
PC078552.jpg

おほー!おっきな1切れうまき。
PC078553.jpg

鰻たっぷりサンド!!
PC078557.jpg

ジューシーな玉子にとろける鰻・・・
PC078559.jpg
めちゃくちゃうまー!!

ほんとだ、大和田。
PC078561.jpg


揚げ進上
PC078563_2020010511351095d.jpg

2つ並んだ海老の揚げしんじょう。
PC078566_20200105113514c94.jpg

これ、何だったかな?ケチャップ・・・・??
PC078564_20200105113512a02.jpg

さくっとした側面。
PC078569_2020010511351939a.jpg

ぷりっと、しっかり海老のうまみ。。。
PC078568_20200105113516f81.jpg

お連れさんのも1個いただき。
もうお腹いっぱいになってきたって、どんだけやねん(笑)


冷酒(1400円)☆
PC078590.jpg
涼しげ~^^

禁煙とありましたが・・・・
個室ですしね。吸えるみたい。
PC078571_20200105113519fa7.jpg


うざく
PC078573.jpg

美しい!
PC078576.jpg

分厚い蒲焼きときゅうりの層でうざく!!
PC078577.jpg

上には錦糸卵。
PC078574.jpg

こんなしっかりした蒲焼で。
PC078579.jpg
なんて完成されたうざく!!

うっまい!!
PC078580.jpg
お連れさんのも・・・(笑)


いよいよメインディッシュの登場!
まずは味噌汁が来る。そして蒲焼、お櫃ごはん、お新香。。。

うひょー!!(*≧∀≦*)
PC078619.jpg


蒲焼き
PC078599.jpg

大ぶりなうなぎ1尾。
PC078603.jpg

白焼きにしてからじっくりと蒸し、タレを付けながら炭火で焼き上げる江戸流。
PC078602.jpg

この大きさ!この厚み!!
PC078601.jpg

すばらしい。。
PC078632.jpg

大分乗ってる脂ながらも、いっさい重くなく。
PC078629.jpg

別途にもきますこの秘伝のタレは、
大和田開業時から受け継ぐもので、戦時中は地中に甕を埋めて守り抜いた、と。
PC078660.jpg
江戸時代より390年の歴史があり、継ぎ足しながら150年以上にわたり使われているのね。。。


お櫃に入って提供されたこのごはん。
PC078637.jpg
ココナッツのような可愛いお櫃。
1杯目は仲居さんがよそってくれ、以後各自。

ご飯
PC078625.jpg

米がもう!絶妙においしすぎーーー。
一粒一粒輪郭を感じ艶やか!柔らかくなく、でもそんなに固くもなく。笑
PC078631.jpg
さらりとほろり。

ぺろり。
PC078641.jpg


香物
PC078620.jpg
いい塩梅。


赤出汁
PC078591.jpg

肝吸いでなく赤出汁。
PC078593.jpg
濃いめでグッド!


まだまだ大量にお代りあるヨ。
PC078639.jpg

お代わり!
PC078644.jpg

タレも絶妙で、白米が進みます♪

まだまだいきます。
PC078642.jpg


3杯目ごはんでうな丼!
PC078628.jpg


蒸さずに焼く関西系の鰻も好きな私、
しかし蒸してから焼き上げる江戸流の鰻のウマさ再確認いたしました。。。
PC078633_202001051248126d1.jpg


これはなんと嬉しい言葉。
PC078605.jpg

お連れさんの蒲焼きも半分強いただけるなんて・・・・笑
PC078611.jpg

ぜい・・・たく。
PC078607.jpg


4杯目もうなどん!
PC078649.jpg

幸せすぎる。。
PC078651.jpg

あとはもうタレごはん。
PC078655.jpg

まだこんなにある。
PC078657.jpg

あとはもうこのタレ山椒ごはんで。
PC078656.jpg

永遠食べれますおそろしや。笑
PC078662.jpg


水物
PC078664.jpg

おっきなみかん!!
PC078666.jpg
オレンジかと思った。

甘ーーい^^
PC078668.jpg


あー大満足でした!!


ご馳走さま(o^_^o)


大井町行って軽く1杯。

スポンサーサイト



11:56  |  ● 六本木・麻布・赤坂 らへん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/3056-dfc2610c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |