> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 元祖ニュータンタンメン本舗 @武蔵小山
FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

元祖ニュータンタンメン本舗 @武蔵小山

2020.09.13 (Sun)

2020・8・7





今日はラーメン~

元祖ニュータンタンメン本舗へ2名☆
P8071057_20200913110611463.jpg

武蔵小山駅徒歩5分くらい、鮫洲大山線沿いにあるお店。
P8071052_20200913110606088.jpg

創業の55年の川崎に本店を持ち、
川崎市を中心に東京、長野、宮城にチェーン展開するラーメンやさんです。
P8071058_20200913110614018.jpg
ここ武蔵小山には、2019年6月28日にオープン!!

カウンターにテーブル。
P8071061.jpg

ソーシャルディスタンス~
P8071072.jpg


P8071110_202009131147003a2.jpg


坦々麺をアレンジしたニュータンタンメンのいただける久しぶりのニュータンタンメン本舗~
P8071055_20200913110610bd8.jpg


メニュ~
P8071063.jpg

P8071064.jpg

P8071066.jpg

ここに来たら半世紀以上愛されるというニュータンタンメンでしょ!!
P8071073.jpg
・・・ん、味噌もある。食べたことない。
お連れさんがタンタンメンってーから私は味噌にしてみる!!


どちらも辛さは選べます。
P8071060_2020091311061503e.jpg
タンタンメンはセットにして餃子ライスいただき。

5段階で4の大辛に。

卓上調味料~
P8071062_20200913114658ecc.jpg


そして辛さは激辛パウダーで後から調整。
P8071071_20200913111034f85.jpg


まずはこちら
P8071074.jpg


タンタンメンセット(1100円)☆
P8071080.jpg
味噌餃子、半ライス付き。

タンタンメン
P8071082.jpg
単品タンタンメンは値上がりして830円。

豚ガラ塩味ベースのスープに挽肉、ニンニク、玉子!
P8071083.jpg

粗挽き唐辛子のパンチよし!!
P8071085.jpg

独自製法でモチモチ麺。
P8071099.jpg
ふわっと溶き卵が中太麺によく絡む^^


味噌餃子
P8071075.jpg

味噌ダレのかかった水餃子。
P8071077.jpg

つるんと。
P8071103.jpg

グッド。
P8071104.jpg


半ライス
P8071076.jpg
ライスススム!



そしてこちら
P8071088.jpg


味噌らーめん(700円)☆と
味付け玉子(150円)☆

P8071093.jpg

野菜たっぷり真っ赤な味噌らー!
P8071090.jpg

うん、美味しい^^
P8071107.jpg
大辛でなくめちゃ辛でもよかったな。

味玉は100円でなく150円。
P8071092.jpg

いーい半熟!しっかり味付け^^
P8071097.jpg

同じくもっちり自家製麺♪
P8071096.jpg

P8071108.jpg
激辛パウダーめっちゃ足す。


半餃子(250円)☆
P8071089.jpg

やっぱり焼き好き!
P8071101.jpg


最後はごはんスープにインして、完食完飲!!
P8071109.jpg




いつかのおやつの差し入れ!
アラカンパーニュ
P8040991.jpg

大井町にもありますね。
P8040992.jpg

いぇー!
P8040993.jpg

白桃のタルト
P8040998.jpg

フレッシュ な白桃!
P8041000.jpg

おーいしー!
P8040999.jpg
よく行ったな、アラカンパーニュ。


マンゴープリン
P8040994.jpg

濃厚!ザ・マンゴー!
P8040995.jpg

うま!
P8041002.jpg


スポンサーサイト



11:51  |   ・ 戸越銀座・武蔵小山 らへん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/3193-edd773b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |