> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 TOKYO 鶏そば TOMO@大井町
FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

TOKYO 鶏そば TOMO@大井町

2010.08.05 (Thu)

2010・7・22




今日は大井町ランチ

TOKYO 鶏そば TOMOへ2名☆
鶏そば TOMO (3)

ヤマダ電機裏を進み、品川郵便局並び、陸橋下のお店。
鶏そば TOMO (4)


2008年12月16日にオープンしたラーメン屋さん。

店に“チキンヌードル”と書いてありますように、“ザ・鶏”!
鶏をコンセプトにメニューを展開するラーメン屋さんです。


カウンターのみ7席と狭め、オレンジを基調としたようなキレイな店内です。
鶏そば TOMO (5)


メニュ~
鶏そば TOMO

以前は鶏白湯スープのみでしたが、
今ではつけ麺やまぜ麺も登場していますね。

券売機で食券を購入。
コレ~~
鶏そば TOMO (1)

味玉らぁめん(800円)☆
鶏そば TOMO (7)
普通のらぁめんは700円。
デフォで海苔・チャーシュー・もやし
が乗っています。

スープは化学調味料を使用しない丁寧な鶏白湯。

鶏を特注の圧力釜にて短時間で炊き上げることで酸化を抑え、サラッとした食感の鶏白湯にするそう。

白絞油・鶏油にニンニクを加えた香味油で香りをつけ、魚介を織り交ぜた醤油ダレで調味しています。
国産鶏肉と野菜を12時間かけて煮込んだそうな~。


コラーゲンなのね~~
鶏そば TOMO (6)


鶏白湯と聞くとあっさりしてそうですが、黄色いスープで香味油が浮いています。
鶏とんこつというような、トロリとした結構こってりめなスープです。
鶏そば TOMO (11)

そして味は濃いめですね、もやしがとっても合います。
でも鶏の優しさも感じます。
でもでも鶏っぽい感じはしません。笑


途中お酢をガンガン投入~♪

麺は“三河屋製麺”を使用しています。
鶏そば TOMO (15)

中太ストレート麺
鶏そば TOMO (12)
若干もちもちストレートなこの麺すきー(^^)


味付き卵はとっても味付き!謎
鶏そば TOMO (8)
白身が真っ黒。ちょっと漬けすぎでは?笑
それがまた美味しいんですがね(^^)ノシ
べっこう飴のような香りがしました!


チャーシューはもちろん(?)チキン。
2種類が1枚ずつ乗っています。
あっさりのムネ肉
鶏そば TOMO (9)

脂の乗ったモモ肉
鶏そば TOMO (10)
の2種~

あっとゆーまの完食。
ご飯を投入して食べても美味しそ~う。


店員さんも優しい感じ好感の持てる素敵な方でした~


ご馳走さま(o^_^o)

替え玉は200円か。。


お家帰ってアイスクリーム~
ハーゲンダッツ~~♪
P1130933.jpg


タヒチバニラキャラメル
P1130930.jpg
世界のバニラ生産量のうち、
1.5%しか採れないタヒチ産のバニラを使用したアイス♪

贅沢ですね~
P1140094.jpg P1140095.jpg
バニラというよりキャラメル♪
美味しい~( ´∀`)


たひちいきたいー。





関連ランキング:ラーメン | 大井町駅鮫洲駅立会川駅






スポンサーサイト



09:51  |   ・ラーメン・中華  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

はらへりちゃんのブログみて食べたくなっちゃって、今日行ってみたよ。
美味しかったv-221
ふー |  2010.08.05(木) 19:05 | URL |  【編集】

見ただけで暑そうだ~~
nianco |  2010.08.05(木) 21:24 | URL |  【編集】

ふー さん♪

お久しぶりです!
行きましたかぁ~^^
あんまり鶏そばって気もしないけど、
美味しいですよね♪
はらへり呑んべぇ |  2010.08.05(木) 23:04 | URL |  【編集】

nianco さん♪

夏こそラーメンですよ!お鍋も!!

冬ももちろんですが♪
秋春ももちろんですが・・・。笑
はらへり呑んべぇ |  2010.08.05(木) 23:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/706-5af4a5d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |