> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 Peter@銀座
FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

Peter@銀座

2010.09.07 (Tue)

2010・8・24






今日は銀座~。

まだ早いので取りあえず軽く飲みに。
ペニンシュラホテル!
ピーター

ピーター (4)

Peterへ2名☆
ピーター (6)

有楽町駅、日比谷駅共に徒歩3分くらい
ペニンシュラホテル最上階、24階にあるバー。
ピーター (2) ピーター (3)


‘ホテル新々御三家’のホテルよー。
そんなホテルの最上階にあるバーでもこちら、
最近とってもリーゾナボーに飲めるのです。

平日17時から20時までハッピーアワーとして、
1部のドリンクが700円

しかもなんとチャージ代はつきません!!
サービス料10%だけ加算



以前3度ほど来ましたが、
こんなんなかった~~。
ので以前は空いていたのに今ではこの時間帯、
常に満席状態らしいです。
ピーター (7)


奥はダイニングになっています。
席が空くまでの立ちスペースもあります。
ピーター (24)

まだ明るいですね。
カウンターへ。
ピーター (17)
途中テーブル席のご案内も頂きましたが、
カウンターが好きなので~


ハッピーアワードリンクメニュ~
ピーター (18)
これが700円で頂けるのねん♪



まずは
生ビール
ピーター (8)
少ないですが良いでしょう♪



そして
お通し
ピーター (12)
こんな豪華なお通し、食べ放題”の“無料です。
ピーター (16)
まぁお代わりなんて普通しないんでしょう。笑


・野菜チップス
・マカダミアナッツ
・ジャイアントコーン

ピーター (13) ピーター (14) ピーター (15)
カラメル掛けのこのナッツ!うんま!!!
ジャイアントでないジャイアントコーン(笑)や、
野菜チップスも美味しい^^



スパークリングワイン
ピーター (9)
デュックドパリ ブリュット
フランスのスパークリングワイン。
まぁお市販価格は手頃なものですね。
まさか700円で
シャンパンなんて期待はしてませんでしたが!!笑



だんだん日が落ちてきました。
ピーター (34)


店内の雰囲気も変わってきます。
ピーター (35) ピーター (36)



カクテルも飲んじゃおと
こんな本格的カクテルもあるのね♪
マルガリータ
ピーター (20)

ハッピーアワーといってもちゃんと手を抜いてませんね!
グラスも大きく、量もあります。
ピーター (21)



気になったこちらも~
東京ジョー
ピーター (19)

クランベリーを使ったオリジナルカクテルらしいです。
ピーター (22)

きれいですね^^
ピーター (23)
夜なら1300円する1杯です!!




1人加わり再度乾杯。
生ビール
ピーター (25)

美味しくて食べ尽くしたお通し、
またまたたっぷり頂きました。笑
ピーター (29)

ピーター (30) ピーター (31) ピーター (32)




外は真っ暗。
ピーター (37)

店内もいい感じ。
ピーター (38)


トイレからの景色も(笑)、いい感じ~~♪
ピーター (39)



最後に2人で1杯。
ジン マティーニ
ピーター (26)

元からか、2人で飲むと言ったからか
オリーブが2つ付いてきました♪♪
ピーター (27)
こちらも夜では同じものが倍のお値段。


ここのハッピーアワー、カクテルがお得なのでは!!?


すっかり暗くなり、
外の景色もお店の照明も雰囲気がでてきましたね。



しかしこの辺で。

ご馳走さま(o^_^o)


           お次へ~ε=┌( ・∀・)┘

             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
                  韓豚屋



もちろんハッピーアワー中でもサービスは抜群。
重宝するお店です。


夜の外観も素敵~^^
ピーター (42)





関連ランキング:フレンチ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅





スポンサーサイト



15:50  |   ・バー・お酒  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/739-910f10fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |