> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 養老渓谷へ~
FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

養老渓谷へ~

2010.10.28 (Thu)

2010・10・16





今日は前日の暴食を解消するため(笑)
養老渓谷へ~。


ゆっくり朝ご飯を食べ~(暴食は(^^;?))
ゆっくり出発し~
・・・なのにぶっとばしたら12時過ぎには到着。
1時間半しないくらいで着いちゃうのね(@_@)


なんだかんだ13時になってしまったので
取りあえず昼ご飯。笑

色々探しましたが、
近くにはパッとする店がありません。笑

ようやく決めた
滝見苑
P1230676.jpg

木更津東ICから22km、
千葉県房総半島中央にある養老渓谷の名所『粟又の滝』のすぐ上
緑に囲まれた秘湯の一軒宿・・・という旅館。
P1230675.jpg

この旅館にある食事処でランチにしましょう。
P1230674.jpg P1230673.jpg

食事処 季の味庵へ☆
P1230678.jpg


旅館にありそうな店内~(?)
P1230680.jpg P1230731.jpg

広々した席~^^
P1230682.jpg


ドリンクメニュ~
P1230686.jpg

生ビール (420円)☆
P1230688.jpg
これから歩きますし車は関係ないない。


フードメニュ~
P1230683.jpg

滝見そばも気になりましたが
2人とも定食に。
“しし鍋定食”“鮎定食”を注文。

それぞれメインの“鮎”と“しし鍋”の他、どちらも
マグロの山かけ、茶碗蒸し、牛時雨煮、漬け物、ご飯、味噌汁が付きます。



しし鍋定食(2100円)☆
P1230706.jpg
鍋はぐつぐついうまで開けてはならぬ・・・
らしいですが、ちょいとだけ。

オ~プン♪
P1230711.jpg
豪華でないの♪

しし鍋とは、猪の肉鍋
P1230709.jpg
大きめに切った猪の肉が2枚入っています。

ぐつぐつしたら~
もう1度オ~プン♪(´ー`)
肉の他、
白菜・椎茸・こんにゃく・ごぼう・春菊・長ネギ・榎木など野菜たっぷり♪
P1230727.jpg

出汁がめちゃんこ美味しいの!
P1230729.jpg
味噌汁はどうでもいいから、これを味噌汁替わりに頂こう。謎




鮎定食(1575円)☆
P1230693.jpg

オ~プン♪

P1230696.jpg
これまた豪華でないの♪


P1230704.jpg

丸々太った子持ち鮎!!
P1230717.jpg

確実に天然ではないけど
食べご耐えあって美味しい~(^^)
P1230715.jpg P1230730.jpg
お酢をつけていただきます。


どちらにも共通の小鉢達。

マグロの山かけ
P1230713.jpg
タレが絡まっています。
ちゃんと粘りを感じる美味しいトロロ♪


茶碗蒸し
P1230705.jpg

松茸!!
P1230720.jpg
今年は松茸大豊作ですからねぇ。



牛時雨煮
P1230703.jpg
これがつまみに最高。
ご飯もすすむすすむ。


漬け物、味噌汁
P1230701.jpg P1230697.jpg


ご飯1杯じゃぁ足りないですね。
P1230712.jpg


しかし満足満足。

ご馳走さま(o^_^o)


道聞く為に寄ったところで
P1230668.jpg P1230667.jpg

野菜買って(笑)~
P1230665.jpg

日本の最初のかぼちゃだって~~。
P1230856.jpg

甘みがない。。。
P1230860.jpg P1230863.jpg


ここでようやく
レッツウォーキング~~
P1230672.jpg

なんてワクワクするような素敵な入口。
P1230735.jpg P1230736.jpg

約2キロにかけての「粟又の滝自然遊歩道」を歩きながら
P1230781.jpg

・養老の滝
・千代の滝
・万代の滝
・子宝のもみじ
・昇龍の滝

が見れます。
P1230737.jpg
その先には小沢又の滝という幻の滝もございます。


とりあえず歩きます。
P1230754.jpg


高滝
P1230747.jpg
落差30m、長さ100mの県内最大の滝
地名から通称「粟又の滝」、河川名から「養老の滝」と呼ばれ、
養老渓谷を代表する名所であり、
千葉県随一の名瀑として観光名所となっています。



天気がよくて素晴らしい景色です。
P1230762.jpg

P1230751.jpg P1230764.jpg



歩いていくと小さいながらもいくつかの滝^^
P1230756.jpg P1230759.jpg

P1230771.jpg P1230772.jpg
まいなすいおん~(´ー`)



そして45分ほど歩いて出口(入り口)に到着。
P1230786.jpg

ここから2分の所に幻の滝が。
P1230789.jpg

入場?料100円
P1230787.jpg

なんかうさんくさい感じですが(笑)
せっかくですし行きましょう。
P1230792.jpg P1230791.jpg


木の上の手作りのお家みた~い。
P1230793.jpg P1230799.jpg
ボロい店だけどそれがまた良い雰囲気。


この滝を1986年に発見し発見した人が、
この近辺の整備をしてお店を開いている
そうです。
P1230796.jpg


いまでは売店を運営し、この中を通って滝まで行きます。
P1230829.jpg

P1230826.jpg P1230830.jpg


険しい崖を切り開き滝まで歩きやすいように
コースを作ってくれたみたい。
それでも、滝までの道のりが恐ろしいです(笑)
P1230801.jpg


しかし滝は素晴らしい(´ー`)!!!!
P1230806.jpg
これは価値がありますね。


‘生命の滝’というものらしいです。
P1230807.jpg

こちらは‘虹の滝’というものらしいです。
P1230810.jpg



入り口に戻り缶コーヒーを。
P1230818.jpg

この手作りのお家みたいなお店のベンチから
素晴らしい景色の滝を見ながらタバコと缶コーヒー。。
P1230824.jpg P1230825.jpg
なんて贅沢。


お土産に100円で唐辛子を購入。笑
P1230815.jpg P1230822.jpg
今夜のつまみは、先程購入した野菜達と唐辛子料理!!



そして気合いを入れて来た道を戻り~
P1230832.jpg

P1230739.jpg P1230741.jpg

蛇に遭遇しながら~。
P1230834.jpg




温泉!!

滝見苑けんこう村 ごりやくの湯
P1230842.jpg

滝見苑から粟又の滝の上流方面へ800m先の川沿いに、
露天風呂やレストランを備えた日帰り入浴施設
P1230843.jpg

なんか雑誌にも載っちゃう人気な温泉らしい。
お昼ごはんを食べた「滝見苑」が新設したらしいですが、
こっちの方が断然良いんですって~。
P1230838.jpg P1230846.jpg


ごりやくごりやく^^
P1230852.jpg

~入浴料~
大人1,200円(貸しバスタオル・タオル付)
小学生800円(貸しバスタオル・タオル付)
幼児500円(タオルは付きません)
大人1,000円 (タオルは付きません)
学生600円 (タオルは付きません)

ここが開放的で、本当に気持ちよい温泉でした!!




関連ランキング:郷土料理 | 上総中野駅




スポンサーサイト



23:19  |   ・日帰り  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

ひぇ~

蛇の写真・・・マムシじゃないですか?
ひょえ~~ 怖い・・・・
無事でよかったですね 笑)
S.Tマスター |  2010.10.29(金) 12:19 | URL |  【編集】

S.Tマスター さん♪

こっちがひょえ~!!
そうですか!!無知なもので・・・・。笑

ただ叫んでいたのみです!!
焼いて食べよう・・・なんて思っていませんでしたよ!笑
はらへり呑んべぇ |  2010.10.30(土) 02:21 | URL |  【編集】

食べたのかと思った・・笑)

叫んでいましたか!! 笑)
普通そうでしょ

安心しました。焼いて食べようと
叫んでいなくて・・・笑
そっちのほうが怖い・・・笑)
S.Tマスター |  2010.11.01(月) 11:53 | URL |  【編集】

S.Tマスター さん♪

はい、他の人の叫び声に驚いて叫んでしまいました。笑

マムシかぁ・・・。
お酒に漬けてこの日の晩酌に飲みたかったぜ・・・。泣
はらへり呑んべぇ |  2010.11.01(月) 13:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/798-a62fa8f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |