> はらへり呑んべぇ食べ歩記・飲み歩記 カフェ・ド・ランブル@銀座
FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

カフェ・ド・ランブル@銀座

2011.05.16 (Mon)

2011・5・5







コーヒーでも飲み行こうと誘われ~
ここなら行く!と(笑)
珈琲だけの店 カフェ・ド・ランブルへ☆
カフェ・ド・ランブル (1)

銀座8丁目、中央通りの1本裏の道にあるお店。
カフェ・ド・ランブル (35)

1948年創業の超有名老舗喫茶
P1020412.jpg
コーヒー好きの人で知らない人はいませんね。

大正生まれの97歳の店主が、
銀座でコーヒー店を営んで63年が過ぎました。
学生のころからコーヒー過ぎましただったオーナーは、
もともとエンジニアだったそう。
しかし道楽で淹れていたコーヒーの評判があまりにもよく、
店を出してほしいと口々に言われたのがきっかけでこちらをオープン
カフェ・ド・ランブル (32)

そして1番高い店でコーヒーが1杯が90円だった当時、
この店は最高価格の100円という価格でスタートしたんです!!


ちょっと怪しめな外観からして年季あります。
カフェ・ド・ランブル (34) カフェ・ド・ランブル (33)

当時の西銀座の店は隣のレストランからの出火にあったことで、
現在八丁目の華やかな中央通りの裏、狭い路地に移りましたが、
みなさんうまいコーヒーとこの古きよき銀座の雰囲気を求めて
ここにたどり着くんですねぇ。

物凄く良い香り!!!
P1020413.jpg

珈琲だけの店。
そう、珈琲ONLY!!
P1020414_20110516185721.jpg


オーナーの若さはコーヒーのおかげだそうですよ。


ちなみにちょうど位置ほどの中央通り沿いに、
これまた超有名な喫茶店「カフェーパウリスタ」がございます。

ちなみに1月にそこへ行った際の記事~
       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
         カフェーパウリスタ 2011・1・7

店内に入ると、これまたなんと“昭和”を感じさせる雰囲気♪
カフェ・ド・ランブル (9) カフェ・ド・ランブル (11)

カフェ・ド・ランブル (10) カフェ・ド・ランブル (29)
異空間ですな。。

自家焙煎を日本で初めて行ったことでも知られるこちら、
2年前には挽いた豆の粒を揃える機械を開発し、
ついに焙煎から長崎の家元で焼いたカップ&ソーサーまでの
すべての道具がオリジナル
になったそう!
カフェ・ド・ランブル (26)
美味しいコーヒーを入れ続けて60年過ぎた今でも、
更なる美味しさを追求しているんですな。



奥左手にカウンター10席。
カフェ・ド・ランブル (30)
カウンター席の椅子はオーナーが考案したもので、
軸を固定した椅子でありながら
カウンターや隣との距離を自在調整できます!


カウンターでドリップ風景を見たいながらも
ワタクシ達はテーブルの席へ。
各テーブルには埋め込みの灰皿が!
カフェ・ド・ランブル (8)

南部鉄器でできています。
カフェ・ド・ランブル (7)
クラッシックなお店って必ず喫煙ね~^^
この空間が好き。。



メニュ~
カフェ・ド・ランブル (5) カフェ・ド・ランブル (6)

ストレートコーヒーやカフェオレ、カフェ・ロワイヤルから
コーヒーゼリー、コーヒーリキュール・プリンまで

コーヒーのメニューの多さには圧巻!

“珈琲だけの店”と店名にあるように、
もちろんどれもコーヒーのみ!!
いずれも確かなノウハウと熟練の技術によって淹れられた、
味も香りも豊かな逸品ばかり・・・・・


これだ。
カフェ・ド・ランブル (4)


まずは普通にブレンド珈琲!!
カフェ・クレーム 普通カップ(650円)☆
カフェ・ド・ランブル (13)
コーヒーはネルドリップで一滴一滴お湯を注いでいます。
カフェ・ド・ランブル (14)
あらゆる素材のフィルターを追求して、ネルドリップ式に到達したんだそう。

普通カップはミルク付きと書いてありました。
カフェ・ド・ランブル (15)

普段ブラックで飲みますが
メニューわざわざ書いてあったので、途中入れてみました。(笑)
カフェ・ド・ランブル (18)

砂糖は全てに付きます。
カフェ・ド・ランブル (17)



ここで変わったコーヒーも飲んでみたい・・・
ブラン・エ・ノワール“琥珀の女王”(790円)☆
カフェ・ド・ランブル (21)
ミルクを浮かしてシャンペン・グラスで召し上がる洒落たコーヒー
とありました。

シャンペンってかわゆ。笑
カフェ・ド・ランブル (22)
ソーサー型ね。

真っ黒なコーヒーと生クリームがきれいな2層になっています。
カフェ・ド・ランブル (23)
フランス語でブランは“白”、ノワールは“黒”を意味します。
冷えてるうちに混ぜずにそのまま召し上がって下さいとのことです。

甘くてとろっとした濃厚なコーヒーに、濃厚な生クリーム。
カフェ・ド・ランブル (24)
たっぷりの生クリームというのに、珈琲の香りが全く負けていません!

これが美味しいんですよ。。
高級感漂うデザートといった感じ。

美味しいビールの泡のように、
飲んでも飲んでもきれいな層のままありますね。
カフェ・ド・ランブル (25)




普通のアイスもいきたい!
アイスコーヒー(800円)☆
カフェ・ド・ランブル (19)

氷までコーヒーで作られていますのん♪
カフェ・ド・ランブル (27)

はぁ~美味しいコーヒーでした。
気の利いた接客も素晴らしかったです。



ご馳走さま(o^_^o)

ちなみに
コーヒー豆の量り売りもしていますよ~。



おっしゃ!これから飲みだぜい(~▽~@)♪♪♪

     お次へ~ε=┌( ・∀・)┘

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
             天香回味








スポンサーサイト



19:00  |   ・カフェ・喫茶店  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraherinonbe.com/tb.php/968-22f1d7a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |